高齢出産だと妊娠糖尿病になりやすい






高齢出産だとリスクが高くなる

35歳以上での妊娠は、若い妊婦さんと比べると妊娠糖尿病になるリスクが高くなるそうです。
ただし筆者は、子供2人を20代で妊娠出産したにも関わらず妊娠糖尿病になったので「若いから大丈夫」とは言い切れませんが…

妊娠とは関係ない、いわゆる普通の2型糖尿病も、20代で発症する方は少なくて30代以降年齢とともに発症率が高くなります。


糖尿病発症率と年齢.png


(上のグラフは糖尿病ネットワーク様より)


若いころはちょっとばかりムリをしてもどうってことない方が多いですが、年齢とともにそうはいかなくなるんですね。

妊娠は、もともと糖尿病になりやすい体質を持った女性には大きな試練となります。
妊娠していない時は何とかセーフでも、妊娠してインスリンの効きが悪くなると、糖尿病状態になってしまうというわけです。




その他のトラブルの確率も高くなる

高齢出産で増えるのは、妊娠糖尿病だけではありません。
妊娠高血圧症候群など、その他のトラブルも起こりやすくなります。
出産時のトラブルも起こりやすくなります。

やむをえないことも多いでしょうけど、もし可能であれば、なるべく高齢出産にならないようにしたほうがいいかもしれません。

すでに35歳以上の妊婦さんは、特に体調管理に気を付けてくださいね。



にほんブログ村 マタニティーブログへ