妊娠糖尿病になることの意味






なぜこんなに多くの女性が妊娠糖尿病になるの?

妊娠糖尿病は、妊娠すると胎盤から出るホルモンがインスリンの効きを弱めるので発症するとされています。でも、日本の若い女性はかなり痩せている人が多いのに、こんなにたくさんの妊婦さんが妊娠糖尿病になるなんておかしいと思いませんか?

妊娠糖尿病になることは、母子ともに危険です。


親子.jpg


野生動物がこんなに高い確率で妊娠糖尿病になるわけがありませんよね。
そんなことになったら、生存にあまりにも不利です。

妊娠糖尿病になった方の中には肥満の方もいらっしゃるでしょうけど、多くの方はそうではなく、まためちゃくちゃ食べ過ぎているわけでもないでしょう。

にもかかわらず妊娠糖尿病になる妊婦さんが多いのはどうしてなのか考えるために、産婦人科医の宗田哲男先生の本をもう1度読み返してみることにしました。



赤ちゃんが黙って訴えている?

以下は宗田先生の本より引用です。

妊娠糖尿病は、妊娠母体が「糖質を拒否」している病態である。
同時に「タンパク質と脂肪を要求」している。
これに気付かずに、妊婦が糖質方の食生活を送るために、病気が発症してしまう。







なるほど!!そうかもしれませんね。

私は妊婦はヘルシーな食事をしなければ、と思ってご飯・味噌汁・納豆・焼き魚・ほうれんそうのお浸し・果物みたいなメニューばかりでしたが妊娠糖尿病になってしまいました。

運動もしていましたよ、平均以上に。

ヒトの遺伝子というものは、短期間で簡単に変化するものではありません。

縄文時代以前、大昔の女性も、糖尿病になりやすい体質を持つ人は一定の割合で存在していたはずです。
でも、糖質の多いものを食べないから、大丈夫だったのではないでしょうか?



当たり前だと思っていることを振り返ってみる

日本人が好きなだけ白米を食べられるようになったのはごく近年のことですが、数十年前までは労働の現代とは比べ物にならないぐらい過酷だったので大丈夫だったのでしょう(でも平均寿命はすごく短かった)

多くの女性が妊娠糖尿病になるのなら、いまみんなが当たり前だと思っている食生活が、実はヒトの女性の妊娠出産には不向きであるということの証拠ではないでしょうか。

ふと、そんなことを考えました。


にほんブログ村 マタニティーブログへ