妊娠糖尿病ってどんな病気?





妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは、妊娠してから糖代謝に異常が生じ、一時的な糖尿病の状態になったものをさします。
妊娠糖尿病の場合、インスリンは分泌されているのですが、インスリンの働きが良くないので血糖値が高くなります。胎盤から出るホルモンがインスリンの効きを弱めることと関わりがあります。

妊娠前からすでに糖尿病と診断されている場合は妊娠糖尿病ではなく「糖尿病合併妊娠」になります。
妊娠前にすでに糖尿病と診断されていた場合は、血糖コントロールが良くない状態で妊娠すると胎児に奇形や異常が生じる確率が上がります。
血糖コントロールをきちんと行った上で、主治医の許可を得て妊娠することが大事です。


妊娠糖尿病になるとどうなるの?

お母さんの血糖値が高くなると、お腹の赤ちゃんも高血糖になります。
母体には高血圧、羊水過多、もともと糖尿病合併症があった場合はそれらが悪化する危険があります。
赤ちゃんは流産、死産、奇形、巨大児、生まれてから低血糖や黄疸になる危険性が上がります。


妊娠糖尿病の診断

妊娠中の血液検査で血糖値が高い時や家族に糖尿病患者がいる場合などに、OGTT(ブドウ糖負荷試験)を行って診断します。
妊娠初期に異常が無くても、妊娠が進むとインスリンが効きにくくなるので、中期以降に妊娠糖尿病状態になることがあります。
妊婦さんの約12人に1人は妊娠糖尿病になります。決して珍しい病気ではありません。
特に肥満、家族に糖尿病患者がいる方、以前に巨大児を出産した経験のある方、高齢出産の方はハイリスクとなります。


血糖測定器.jpg



どんなことに気をつけたらいいの?

高血糖にならないように(食前血糖値は100mg/dl未満、食後2時間血糖値は120mg/dl未満)管理を行う必要があります。
分食といって、1日当たりの食事を4~6回に分けて少しづつ食べることで必要な栄養を確保しながら食後血糖値の上昇を抑えることができます。

分食にしても血糖コントロールが不十分な場合は、インスリン注射をすることも考えなくてはいけません。
多くの場合、妊娠糖尿病は一時的なものですので産後はインスリン注射をやめることができる場合が多いです。

また近年、妊娠糖尿病に関しても糖質制限食で管理してインスリン注射無しで安全に出産できる例が増えてきています。その際は、自己流で勝手に行うと危険が伴うこともあります。
糖質制限に関して理解のある医師の指導の元で行うようにしましょう。


出産後はどうなるのですか?

産後、医師の指示に従ってOGTTを受けましょう。
産後は元の正常な状態に戻る方が多いとはいえ、1度でも妊娠糖尿病を経験した女性がその後2型糖尿病になる確率は、そうでない女性と比較するとかなり高いのです。

妊娠糖尿病から解放された喜びから好きなものを好きなだけ食べるような生活に戻ってしまうと、再び血糖値が高くなって本格的な糖尿病になる危険性があるのです。
赤ちゃんとお母さん、双方の健康のため、気を付ける必要があります。



にほんブログ村 マタニティーブログへ