ダイエットと血糖コントロールを混同しないことが大事






カロリーを控えても良くなりませんでした

筆者は2度、妊娠糖尿病を経験しました。

1度目の時は程度が軽かったせいか、特にこれといった指導はされませんでした(10数年前のことなので…)
2度目は「太らないようにカロリーに気を付けて」とだけ言われ、インスリン注射を勧められることもありませんでした。

歩く妊婦さん.jpg


それで玄米・味噌汁・焼き魚・ほうれんそうのお浸し…みたいないかにもヘルシーな食事にして頑張ってみましたが、自分の体重は増えないのに赤ちゃんの推定体重がどんどん増え、巨大児になってしまいました。

もし当時「妊婦さんの糖質制限食」というものを指導できる医師がいれば、そんなことにはならなかったと思うのです。でも、済んだことを悔やんでみてもしかたがありません。



よく知らずに批判する人たち

さて。
「妊娠糖尿病 糖質制限」というキーワードでネット検索して見ると、ネガティブな記事がちらほら出てきます。「いま糖質制限ダイエットが流行っていますが、妊婦さんは絶対にダイエットをしてはいけません」という内容だったりします。

ちょっと待ってください、確かにダイエット目的で糖質制限する方は多いですが、何も妊婦さんが「痩せたい」と思って糖質制限するわけじゃないでしょう。
もともと高度な肥満だった妊婦さんは、出産までにダイエットしなければいけないこともあるらしいですけど…





そうではなくて、目的はあくまでも「血糖値が上がらないようにするため」なんですよね。
それをダイエットをごちゃまぜにして「妊婦のダイエットはよくない」と言うのは、おかしな話です。

糖質制限ダイエットに限らず、体重を減らす目的で食事制限をするのは、どの方法でも妊婦さんにとってはよくないはずですよね。



血糖値がはね上がるたびにおなかの赤ちゃんは苦しんでいる

食後高血糖が赤ちゃんの正常な発育に悪影響をもたらすのは明らかです。
筆者は、子供たちに本当に悪いことをしてしまったと反省しています。

何も知らなかったとはいえ…

妊娠糖尿病だと、血糖値が上がりやすい状態になっています。
血糖値が上がらない範囲内で糖質を調整して食べるのは、理にかなったやり方です。


妊婦さんと赤ちゃん.jpg


この病気になったこともない人が、当事者の気持ちも知らないで「ダイエット良くない!」などと軽々しく言ってもらいたくないと思います。

皆さんも、誰かに何と言われても気にしないようにしてくださいね。
そして、生まれてくる赤ちゃんのためにコントロールを頑張ってください。



にほんブログ村 マタニティーブログへ