この先ずっとご飯を食べちゃいけないの?






ずっとご飯を食べないんですか?

筆者は妊娠糖尿病で、産後はいったん正常値に戻りましたがいつの間にか2型糖尿病に移行してしまっていました。糖尿病予防のためにと思って低GIダイエットやカロリー制限ダイエットをして運動もしていましたが、糖尿病を予防することは出来なかったのです。

そのため糖質制限食を始め、現在はコントロールがうまくいっています。

糖質制限食をしていると言うと「えっ、まったくご飯を食べないの?本当に??」と驚かれることもあります。そうでしょうね、日本人にとって、お米を食べないということはちょっと考えにくいことなのかもしれません、普通は。






もし糖質制限食を「いっさい主食を食べてはいけない」と考えてしまうと「ああ、私はこの先ずっとご飯が食べられないんだ…」と思ってしまい、なんだか悲壮感でいっぱいになるかも。

でも、「いっさい食べてはいけない」と考えるから悲しくなるのであって「食後血糖値が上がらない範囲で食べればいい」と思えばいいんじゃないでしょうか?

ご飯を茶わん1杯食べると血糖値が上がるとしても、半分ならセーフという方もいれば、1/3とか1/4なら大丈夫という方もいらっしゃるでしょう。
個人差がありますよね。

実際に食べて血糖測定をしてみて「このぐらいならまぁいいか」と思える範囲内で食べればいいんじゃないでしょうか?


どこまで食べられるかは個人差があります

自分の糖質処理能力の範囲内で食べるのは、お酒があまり飲めない人が少ししか飲まないように気を付けるのと同じです。飲む人から見れば「たったそれっぽちかよ!」と思われるかもしれませんが、他人は他人なのですから。

筆者の場合は、最初はご飯を半分にしていました。

でも血糖値はかなり上がっていましたし、「また血糖値が上がる」と思いながら食べたり、そのためにわざわざインスリン注射を打ってまでご飯を食べたいか?と自分に問いかけてみました。

その結果、私はインスリン注射を打たずに糖質制限食にすることを選びました。
お米で血糖値が爆上がりすると分かってから、食べてもちっとも美味しいと感じなくなりましたしね。


ナース.jpg


皆さんもあまり深刻に考えずに「自分の血糖値が上がらない範囲で食べればいい」と考えてどうしたらいいか決めてみてくださいね。
その結果が「インスリン注射をしてご飯を食べる」だったとしても、リスクを踏まえた上で自分で決めたことならいいと思います。




にほんブログ村 マタニティーブログへ